ドロップハンドルの持ち方でロードバイクのぺダリングが楽になる


ブラケットの持ち方

今回は自転車ネタです。

以前にロードバイクのドロップハンドルの持ち方ペダリングについて書きましたが、その後も走り回っている内にいくつかの発見があり、「どうやらちょっとしたコツでペダリングが楽になってしまう方法を見つけてしまったようだ。」...と感じているので、記事に書いてみます。

まずは体幹ペダリングのおさらいから。

筆者的体幹ペダリング、その後のおさらい

さて、以前にロードバイクの体幹ペダリングについてちらっと書きましたが、これを書いた頃に感じていた感覚でペダリングを続けてきて、やはりそう間違ってはいないだろうと感じています。特に引き足ですが、体幹部をごく少~し捻る感覚によって引き足をグイッと引き上げる事でペダリング全体が楽ちんになるのを実感できています。

ただここで気を付ける事を2つ。

  • 体幹、骨盤ともに無駄な動作は避ける。
  • 無理に引きずりあげる感じにならないようにする。

無駄な動きが増えるとロスも増えるし、高ケイデンスでのペダリングがやりにくくなってしまいます。あくまで動作はごく少~し、それでいて力の伝え方をうまく感じながらペダリングしてみてください。全体としては脚で漕ぐというよりは腰~体幹で漕ぐ感じです。それによって力をうまく分散してぺダリングできるように感じられると思います。

ハンドルの持ち方で気付いた事

さー、いよいよここからが本題。

ロードバイクのシッティングでハンドルのブラケットを持つ時、上体の体重は体幹だけで支え、グリップにはあまり力をかけないようにしていました。巡航中もペダリングに合わせて左右のハンドルを軽く引く程度だったのですが、ある時ブラケットを持っていて、たまたま両側のハンドルを同時に上に起こすような力のかけ方をしてしまった時、ふっとペダリングが楽になる感覚がありました。

その後意識してその動作をやっていくと、グリップにそれ程力をかけない時と比べて、両方を少し起こす力を掛け続けてみた時は、明らかに引き足の動作が軽く、自然にスッスッっと上がってくるのを実感できるようになってきました。それ以来、巡航中はほぼ常に多かれ少なかれ両方のブラケットを起こすように力をかけながらペダリングしています。

 

ブラケットの持ち方のコツ

 

ハンドルを起こすようにするとペダリングが楽になるわけ

では一体何故、それでペダリングが楽になるのか、一見不思議な感じもしますが、ざっくりと検証してみました。

いつものようにブラケットを持ってぺダリングしながら、グリップの力を抜いたり、起こす力を入れてみたりを繰り返してみると、力を入れた時には、やはり確かに楽になる感じがあります。肩のあたりがカチッと安定して、力が伝わりやすくなるような...

スローペースでやると少し分かりやすいのですが、なんとんく感じられるのは、グリップの力を抜くと、引き足の時の筋肉の力が、脚-腰-体幹まででその先は行き場がなく散ってしまうような感じがしますが、グリップに力をかけると、それが脚-腰-体幹-肩-腕と一体に繋がって働く感覚があるのがわかってきました。

脚から腕まで繋がって働く事で、効率よく力が伝わっていくのかな、と感じています。

ペダリングの力の伝わり方

脚から体幹を通して肩・腕まで力の伝導に一体感が出てくるので、慣れてくると前述のような体幹による引き上げを特に意識する必要もなくなってきました。

それとグリップを起こすようにする事で、腰の位置を後ろ寄りにキープしやすくなる感覚があり、上体のフォームが安定するのも多少関係しているように思えます。

 

筆者にとっては今のところうまくいっているこのセオリー。おかしな事を書いているのか、別にもっといい方法があるのか、どなたでも同じ感覚が得られるかどうかは分かりませんが、もしうまくいけば、巡航速度の向上、シッティングでの登坂力の向上が可能.... かもしれません(笑)。

ロードバイクのぺダリングって奥が深いですねー。

一度お試しあれ~!

 

20. 9月 2014 by nsky
Categories: 自転車 | Tags: , , , , , | 2 comments

Comments (2)

  1. とても参考になりました。
    早速、今度試してみます。m(__)m

    • むんちゃんさん、コメントありがとうございます。
      返信が遅れてすみません。
      記事が参考になって嬉しいです。

Leave a Reply

Required fields are marked *